読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カルグルトを購入3か月|体験した効果と口コミ

カルグルト、赤ら顔とダイエット効果を期待し飲んでみました。3ヶ月間で感じた効果と口コミまとめてみました。

ステロイド外用薬で酒さ様皮膚炎

酒さ様皮膚炎とは 顔にステロイド外用薬やプロトピック軟膏等を一定期間塗っていた方が、軟膏なしではいられなくなる病気です。

 

ステロイド外用薬はニキビ治療などにもよく使用されるようですが長期連用により 皮膚が薄くなり肌の赤みかぶれなど酒さのような症状が出てきます。

f:id:wagamamakimamax:20160131191910j:plain

その症状がプロトピックにもみられる例があるそうです。

プロトピックによる酒さ様皮膚炎について知恵袋で見つけた日経メディカル の記事です。

北澤 京子=日経メディカル

これまでステロイド外用薬の使用時にしか生じないと思われてきた酒さ様皮膚炎が、プロトピック(タクロリムス)の外用によっても起こりうることが明らかになってきた。

 

東京医科歯科大皮膚科准教授の佐藤貴浩氏らのグループも、2007年11月の日本アレルギー学会秋季学術大会で、同科で経験した、タクロリムス軟膏によると考えられる酒さ様皮膚炎の3症例について発表した。

 

いずれもタクロリムスを中止し、ミノサイクリン内服などで治療した結果、比較的短期間のうちに軽快した。

興味深いのは、副作用を起こした患者はいずれも、アトピー性皮膚炎の患者ではなかった点だ。

 

タクロリムス軟膏の添付文書上の適応症はアトピー性皮膚炎だけだが、この3人は、大学病院を受診する前に受診していた医師の下で、脂漏性皮膚炎や接触性皮膚炎の疑いで同薬を処方されていた。

 

佐藤氏は、「大学病院に来る前にどのような治療を受けていたかについては、必ずしも正確に把握できないが、アトピー性皮膚炎でなくても、様々な顔の皮膚トラブルに対して、ステロイド以外の選択肢として、タクロリムスが適応外使用されているケースが少なくない」と話す。

 

また、東京医大皮膚科助手の入澤亮吉氏は、「タクロリムス軟膏による酒さ様皮膚炎は、アトピー性皮膚炎のような皮膚が乾燥気味の人よりも、ニキビができやすいなど、どちらかといえば皮膚が脂っぽい人に多く見られるようだ。

また、数カ月以上にわたって長期に使用している人に起こりやすい印象がある」と語る。

漫然とした使用の背景に医師の説明不足どんな薬であっても、使用する際は、その目的や使い方(およびやめ方)を、患者にきちんと説明しておくことが必要だ。

説明が徹底していないために、漫然と使用され、その結果として新たなトラブルを招くことが起こり得る。

タクロリムスによる酒さ様皮膚炎の副作用についても、背景に医師(特に初診時)による薬の説明不足があるように思えてならない。

千葉市で皮膚科を開業する中村健一氏は、『皮膚科医直伝 皮膚のトラブル解決法』(医学書院、2007年)の中で、「皮膚科は初診時の説明がすべて」と強調している。

例えばステロイドを外用する際は、単に「この薬を塗っておいてください」で済まさず、

「あなたの病気は○○です。このお薬は今の症状を一時的に良くするだけで、外用しても根本的な治療にはなりません。ただ、使用すれば、ある程度良い状態を保てます。連続外用は1週間程度にしてもう一度診察させてくださいその際、状況に合わせて別の薬に変えることもあります」

などと、きちんと説明するようにしているという。

 

東洋大工学部准教授の安藤直子氏は、長年アトピー性皮膚炎に悩んできた体験を基に、アトピー性皮膚炎患者を対象とするアンケート調査を行い、『アトピー性皮膚炎 患者1000人の証言』(子どもの未来社、2008年)にまとめた経験を持つ。

安藤氏は、「調査では、医師から薬についての説明がない、薬についての疑問や不安に医師が答えてくれないといった不満を訴える人が大勢いた。患者の声にもっと耳を傾けてくれる医療の実現を望みたい」と話している。

 

ステロイドによる酒さ様皮膚炎に使用すべきか?なお、ステロイド外用薬の副作用としての酒さ様皮膚炎への効果を期待して、タクロリムス軟膏を使う皮膚科医もいる。

 

タクロリムス軟膏が酒さ様皮膚炎に対して有効であったという報告(江藤隆史. Visual Dermatology 2004; 3: 808-9.)もある。

ただし、今回紹介したように、タクロリムス軟膏でも酒さ様皮膚炎が起こる可能性があることが明らかになってきたことから、酒さ様皮膚炎にタクロリムス軟膏は使わないという皮膚科医もおり、統一した見解は得られていない。

 酒さ・ニキビ・皮膚炎の治療にステロイド外用薬やプロトピック軟膏等を処方するお医者さんも いらっしゃるようです。

症状が酷い時は 仕方がないのでしょうが、ステロイド外用薬による酒さ様皮膚炎で苦しんでいる方が沢山いらっしゃいます。

お薬を処方された時は 副作用についてもきちんとした説明をしてくださるお医者さまを選ぶようにしたいですね(´・ω・`) 

calgurt.hateblo.jp

  

calgurt.hateblo.jp