読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カルグルトを購入3か月|体験した効果と口コミ

カルグルト、赤ら顔とダイエット効果を期待し飲んでみました。3ヶ月間で感じた効果と口コミまとめてみました。

酒さ(赤ら顔)改善、美肌菌を育てよう!

お腹の中だけでなくお肌にも善玉菌、悪玉菌が存在するのはご存知ですか?

 

f:id:wagamamakimamax:20160114131553j:plain

お肌の悪玉菌は黄色ブドウ球菌、悪玉アクネ菌などは肌荒れした皮膚に棲み付いて肌あれを助長ニキビ、アトピー性皮膚炎、慢性蕁麻疹を悪化させます。

 一方、善玉菌は表皮ブドウ球菌、善玉アクネ菌など、肌表面に弱酸性の膜を作り、病原菌の繁殖を防いだり、老化の最大の原因になる活性酸素を除去するなど、とても重要な役割を果たしています。

 

お肌の善玉菌は美肌菌とも呼ばれ毛穴から出た皮脂を分解して、化粧品に配合されている代表的な保湿成分のグリセリンを作ってくれるんです。

 

酒さ、赤ら顔の改善にも美肌菌は役立つと思いますよ!

お肌の善玉菌、美肌菌の働き 

■肌のうるおい、ハリを保ちます。

■バリア機能を高める効果があります。

■肌本来の保湿力を高めます。

■肌に理想的な弱酸性を保ちます。

■悪玉菌を退治します。

 

肌の表皮にある厚さ0.02mmの角質層、この角質層を作る角質細胞には水分とグリセリンを通すアクアポリンという水路が有ります

f:id:wagamamakimamax:20160412182936j:plain

水分と一緒に十分なグリセリンが角質細胞に供給されると、水分が蒸発しにくくなり、角質細胞はしっとり潤い、キメの整った透明感のある美しいお肌になります。

 

そしてこの美肌菌は乳酸等の酸を作り、肌の表面を弱酸性に保ってくれます。

それにより角質層の保湿成分、セラミドが作り出される手助けにもなっています。

実際に肌の美肌菌が少ない人の肌に、人工的に作り出した美肌菌を付けて様子をみたところ、1ヶ月程で肌の保湿力が高まり水分量が増し、キメも整うことが確認されているそうです。

 

肌の赤みにお悩みの方へ!5種の【美肌菌】生まれの発酵美容液  

美肌菌を元気にする5つの方法 

美肌菌を育てる日頃のお手入れは?

 1)部屋の湿度を保つ 

f:id:wagamamakimamax:20160412190342j:plain

 お風呂場など湿気の多い場所にカビが繁殖しやすいように、菌が生きて行くには温度と湿度が必要です。

秋と冬は温度も湿度も低くて美肌菌にとっては大変な季節です。

美肌菌に最適な湿度は60%、湿度計を用意して部屋の湿度をチェックするようにするのも大切です。

乾いているときは加湿器を使ったり、洗濯物を室内に干したり、観葉植物を置いたりして、部屋の湿度を保つようにしましょう。

2)汗をかく

美肌菌の餌は皮脂と汗、冬場は特に意識して、身体を動かしたりして発汗を促すことも大切です。

そして、身体を動かして代謝がよくなることで体温も上がり美肌菌が棲みやすい環境になります。

 3)洗顔のし過ぎに注意

f:id:wagamamakimamax:20160201095911j:plain

 クレンジングや洗顔料で洗えば、汚れは落ちますが美肌菌も一緒に流れてしまいます。クレンジングや洗顔料を使った洗顔は夜1回だけ。

朝は30℃くらいのぬるま湯ですすぐようにしてください。

 

 「朝、石鹸で洗わないと脂っぽくってテカリが心配」と言う方もいらっしゃるでしょうが、美肌菌で分解された皮脂はぬるま湯でもきちんと洗い流すことができるそうです。

4)化粧品をあれこれ使い過ぎない

f:id:wagamamakimamax:20160412183746j:plain

化粧品には菌が繁殖しないように防腐剤やそれに替わる保存料が含まれています。

なので美肌菌にもダメージを及ぼしてしまいます。

保湿ケアは大切ですが、やみくもに多量に使ったり、いろんな種類の化粧品を重ねづけし過ぎると逆効果になってしまう場合があります。 

5)水道水はなるべく使わない

水道水には殺菌のために塩素が使用されていますので当然、美肌菌にも、お肌にもよくありません。

できたら洗顔とお風呂は浄水器を通した水を使用するようにしましょう。天然水が理想なのですが・・・。

 それだけでアトピーなど、お肌が変わってきたという方もいらっしゃいますよ(*^_^*)

 

美肌菌を育てるお手入れ、酒さ(赤ら顔)敏感肌の方には特におすすめします。

肌の赤みにお悩みの方へ!5種の【美肌菌】生まれの発酵美容液  

 

calgurt.hateblo.jp

calgurt.hateblo.jp